心筋症2018

会長 斎藤能彦
会期 2018年6月2日(土)
会場 奈良春日野国際フォーラム

臨床医と研究者が心筋症の病態解明・診断・治療のために集う


日本心筋症研究会は、心筋症の研究、臨床を総合的に扱う学術上の母体となるべく、2015年心不全学会の分科会として発足しました。東京、松本、岐阜での過去3回の学術集会では基礎から臨床まで多様な領域の専門家が最新の知見を発表し、議論を重ねてまいりました。

第4回日本心筋症研究会は古都・奈良の魅力が凝縮された奈良公園の一角に位置する、奈良春日野国際フォーラムを舞台とし、201862日に開催の運びとなりました。世界遺産、東大寺・興福寺および春日大社に囲まれ、三笠山にいだかれた歴史あるこの地で、病理学や分子生物学、ゲノム解析などの基礎分野から画像診断や心臓リハビリなどを含めた臨床にいたるまで、心筋疾患に関する最新の幅広い知見を交換・議論し、心筋症を克服できるアイデアを生み出し、発展させうる場となることを願っています。

爽やかな初夏の奈良で、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

第4回日本心筋症研究会会長
斎藤能彦
奈良県立医科大学
第1内科 教授

ポスターダウンロード

Copyright © 2017 The Japan Heart Failure Society. All Right Reserved.